公共WiFiが使えない理由

なんで公共の無料WiFiは使い物にならないのか?

 

最近何かと話題の歩きスマホですが、都内を歩いていると本当に歩きながらスマホをいじっている人が多いことに気付きます。電車などで移動していると、逆にスマホをいじっていない人を探すほうが難しいくらいです。

 

このように現代の生活とは切っても切り離せないスマホですが、一度スマホを使ってしまうと本当に便利でガラケーには戻れないですよね?

 

そんな便利なスマホですが、スマホなりの欠点もありますよね。まず、バッテリーの持ちが悪い。これは長時間使っているから仕方のないものですが、カバンにバッテリーチャージャーなどを入れておかないと不安になりますね。

 

それと、私が一番不便だと感じることが公共の無料WiFiの使えなさです。移動中にスマホを使い倒している人がものすごく増えているのですが、それに伴ってデータの使用量もとんでもない事になっています。

 

今のスマホは通信制限があるので、毎月決まった通信量を超えると通信制限がかかってしまいます。これを防ぐために無料のWiFiスポットを探してそこで使いたいのですが、これが悲しいくらい使えないから驚きます。

 

例えば渋谷駅でフリーWiFiを探すとします。渋谷駅ではそれこそ多くのフリーWiiIが飛んでいますが、そのWiFiを使うためには、IDやアクセスコードなどを入れたりと非常に面倒くさい作業が必要です。

 

また、各キャリアのWiFiも飛んではいるのですが、電波が混線し過ぎているせいか、なかなか接続できないのです。そこらへんのコンビニのWiFiやカフェのWiFiなどが飛び交っていて、どれだけ見えない電波が飛び交ってるんだ?少し心配になるくらいです。

 

カバーエリアが限られている無料WiFi

 

このように色んなところからWiFiが飛んでいるのですが、接続するまでが本当に煩わしいです。百歩譲ってWiFiに繋げたとしましょう。すると、新たな問題が出てくるのです。

 

無料WiFを使える範囲は限られているから、WiFiに繋げながら移動することができないのです。

 

要するに、苦労して接続したWiFiでも、ちょっと移動すると消えてしまうのです。これは無料WiFiの致命的な問題です。外国人が日本に来てビックリすることの1つに、この劣悪なWiFi環境が挙げられます。2020年のオリンピックまでには整備するとは言っていますが、本当に大丈夫か心配になります。

 

使えない無料WiFiに頼らなくても快適にネットを楽しむ方法

 

まあ、無料WiFiが使い物にならないなどと文句を言っても、WiFi環境が改善されるには相当な時間がかかるので、止めることにしましょう。

 

実は、もっと簡単な方法でこの問題を解決できるのです。それは、単純にWiMAXを使う事です。WiMAXを持っていれば歩きスマホをしながら、電車で移動しながら通信制限を気にすることなくスマホを使い倒すことができます。

 

私はWiMAXを使い始めて3年ですが、外出中ネットにつながらなくて困った経験がありません。先日、外出するときにWiMAXを家に忘れたことがあったのですが、この記事はその時に感じた思いを書いたものです。

 

いやー、改めてWiMAXのありがたさに気付かされました。ありがたや、ありがたや・・・